片手に本を持つあなたを世間はどのように見ているでしょうか?

常に本を片手に読むあなたを世間はどう見ているでしょうか?それはもちろん素敵な女性、素敵な男性として見ています。女性なら、日ごろ本など読んでいなさそうなあなたなら、そのギャップに会社のエリート社員が一目置くかもしれません。あなたがスポーツ大好きな男性なら、運動馬鹿ではなかったんだというギャップに女性は一気にあなたの株を上げるでしょう。ギャップがなくても、いつも本しか読んでいないような人でも、かなりの人気が出るはずです。

テレビに出ている人でも、本好きの人は人気があり、高感度も高いですね。そのように、プラスのイメージである本を常にそばに置いて読んでいる人はとにかくイメージが良いのです。彼氏や彼女のご両親も好感触となるはずです。もちろん、これみよがしに本をちらつかせるのは邪道です。逆に嫌われる行為です。しかし、読書が日常化していれば、どこかでそれはわかるはずです。本が嫌いな人も本が好きな方がイメージがいいという事で、無理に読んでいたり、読んでるように装う人もいるくらいです。

そのような人に何の価値もありませんが、そのような人が本好きにならずに、本好きを装っていることがすごい努力だと思いますが、何かをあきらめて本の字ずらを追うという行為ができ始めると、本が嫌いなままで済むはずがありません。本は知識の宝庫です。自己開示へのきっかけが満載です。自分を見つめるときは、自分でも見たくない自分への扉を開かなければなりません。しかし、一人でひっそりとするのですから、何も怖いことは無いのです。

友達の中に、自分なら口にしないというような恥ずかしいことを口にできる人はいませんか?自分の人を恨んだり妬んだり、憎んだりする言葉を人前で口にできる人は強い人です。他人の前で自己開示ができるのですから素晴らしいですね。それを環の中でじっと見ているだけのあなたなら、本の世界で自分ひとりでそれができます。誰にも聞かれなくて済みます。多の知識を本で獲得することも重要ですが、多くの言葉の中から自分を見つめるきっかけがあれば、その世界に入っていけば知識獲得以上のものが獲得できます。

これは、言葉で説明してもわかりにくいものです。皆さんがそれぞれに経験してもらいたいと願います。成長するなら周りも成長してもらいたいですからね。とうことは?自分ひとりでひっそりと成長したい人も本は読むべきという事です。誰かを出し抜くにも、誰かよりも良いイメージをつけるにも、本は最強の武器になります。綺麗なお洋服より、あなたを輝かせる道具なのですから、今日からチャレンジしてみて下さい。

必ずあなたが肯定される結果がついてきますよ!